was successfully added to your cart.

Xperia Z5向けにMDR-NC750を買ってみた

XperiaアンバサダープログラムでXperia Z5をお借りしています。

Xperia Z5世代からは、新しいノイズキャンセリングイヤホンとなるMDR-NC750がサポートされました。
20151212_095248196_iOS
今回は自腹でこのMDR-NC750をゲットしましたので借りているXperia Z5と組み合わせて紹介。

MDR-NC750の前世代のイヤホンとして、私は海外で購入したMDR-NC31Eを使用していますが何が変わったのでしょうか。

ざっくり調べるとMDR-NC750は
・Xperia Z5世代以降しか対応しない
・ハイレゾ再生に対応している
・値段がMDR-NC31EMの2倍
というところでしょうか。

MDR-EX750AP
また、同じハイレゾ対応9mmドライバーを搭載し、同時期にリリースされたノイズキャンセリング機能なしのMDR-EX750シリーズはアルミハウジングなのですが、こちらはプラスチック筐体です。なので店頭で比べてしまうと若干チープな感じ。値段はMDR-NC750の方が高いのですが、ノイズキャンセリング機能を除けばMDR-EX750に完敗な仕様です。

20151213_081640249_iOS
音楽データをわざわざストレージに保存して聴くといった旧世代的な作業はあんまりしたくないため、最近はストリーミング再生がほとんど。特に自宅のNASからストリーミングすることが多いです。
現時点ではMP3のような圧縮音源をハイレゾ化(アップサンプリング?)するDSEE-HXは純正アプリを使わないと効かないのですが、Xperiaアンバサダーミーティングでストリーミング音楽サービスにも対応するとこっそり言っていましたので今後に期待。

ということで、私は主に音楽を聴くスタイルがストリーミング主体のため、まだハイレゾは全然導入していません。
ですからあんまり効果ないかなと?思っていました。
実際に接続して聴いた時、当初はどうも音が軽く聴こえていましたが、しばらくするとXperia Z5が自動最適化の通知があり、ONにすることで音の厚みが増しました。
Screenshot_2015-12-12-19-54-00
それ以降は、常時設定がONになりますので挿して少し経過すると自動的に適用されます。

これはXperiaアンバサダーミーティングでも説明があったのですが、どんなにショボいイヤホンでも最適化するとのことでなかなか面白い機能です。

DSC_0007
Xperia Z5にMDR-NC750とMDR-NC31Eを切り替えつつ聴いてみる限りだと、重低音の鳴り方がMDR-NC750の方が効いてます。ズンズン耳にきますね。これまでMDR-NC31Eも悪いとは思ってはいなかったのですが、迫力が違います。クラブトラックのキック音やサウンドトラックの低音パートは違いがわかるかなと思います。

ノイズキャンセリング機能については、MDR-NC31Eと同様、しっかりと効いており、最低限声は聴こえつつもいわゆる雑音は全然気になりません。MDR-NC31E比でMDR-NC750が優れているとも感じられない所はちょっとさびしい。
DSC07021
音楽を聴かない場合でもノイズキャンセリングだけ効かせることは可能ですので、深夜の夜行バスなどでも実は効果絶大です。私は最近旅行時に専用のノイズキャンセリングヘッドフォン(MDR-NC200D)を持ち歩くことも減り荷物削減効果がじわじわ効いています。飛行機でもLCCですと荷物は減らさないといけないですしね。

防水でカメラも優秀、ノイズキャンセリングもある、実はXperiaは旅行者向けなスマートフォンなのは明らかでしょう。
集中力を高めるという意味でも効果がありますし、ノイズキャンセリングであれば音量の上げすぎのリスクも少なくなります。

このMDR-NC750ですが、最大のデメリットは過去の製品と互換性が無いこと。

一応Xperia Z3でも使えるのですが、ソニー的な基準を満たせないとして非対応とのことです。

私の場合、ノイズキャンセリングに対応した機器としてXperia Z3とWalkman M505を持ち歩いているのですが、この2機種はMDR-NC750と互換性が無いためだけに2つのイヤホンを持ち運んでいます。ちょっと無駄だなと…。

Xperia Z5を買って、さぁノイズキャンセリングイヤホンだ!という人は飛びついても良いかなと思います。
音楽とノイズキャンセリングで2度オイシイですよ。更に言えばバイノーラル録音もできちゃいます。
逆に古いソニーの機器もまだまだ現役!という人は従来機種のMDR-NC31EMを買うのも良さそう。
とはいえMDR-NC750は古いノイズキャンセリング対応機器に接続してノイズキャンセリングが効かないわけではないという感じなので思い切ってすべてMDR-NC750へ一本化してしまうのも一つの手(自分に言い聞かせてるw)

↑は私の購入したノイズキャンセリングヘッドセットのMDR-NC750
(ヘッドセットなのでマイクはどこ?…と思うかもしれませんがノイズキャンセリング用の集音マイクから音を拾うようです)

↑は同仕様ですがウォークマン向けのMDR-NW750

 

追記:Xperia X PerformanceでもOK

DSC_1069
MDR-NC750は2016年の6月に発売されたXperia X Performanceでも使用可能です。

Screenshot_20160612-193124
ハイレゾ対応のノイズキャンセリングヘッドセット(ヘッドフォン)はマイク付きのMDR-NC750とウォークマン用のMDR-NW750Nがありますがどちらも一覧から選択可能です。

 

追記2:Xperia Z3(SO-01G)でもMDR-NC750が使用可能に

20160811_z3d
2016年8月9日にドコモ版のXperia Z3(SO-01G)に提供されたAndroid 6.0へのバージョンアップにてMDR-NC750が使用可能になりました。

Z5やX Performanceとの違いは「ハイレゾ」に対応していないところでしょう。
設定画面で判別できるのですが、Hi-Resロゴがありません(上のX Performanceの設定画面にはロゴありますね)。

私も実はドコモ版のZ3がサブ端末として現役でして、かなりナイスなバージョンアップだなと感じています(Z5 Compactよりもなんとなく快適にも思える)。

sumasa

Author sumasa

More posts by sumasa

Join the discussion 2 Comments

  • supersense より:

    2016年8月9日のアップデートにより、Xperia Z3、Xperia Z3 Compact、Xperia A4 についても MDR-NC750、MDR-NW750N に対応しました。といっても、あくまでハイレゾ非対応のまま、イコライザ補正とノイズキャンセル適正化を施した、という範囲のようですが、これから買うなら Z3 シリーズも NC750 と言っていいですね!

    • sumasa より:

      コメントありがとうございます。
      ちょうど私のZ3にも6.0が降ってきたので入れて試しているところですがちゃんと動いてるみたいですねー。
      出来るなら最初からやれよーって感じですがドコモ版の人はお得なアップデートになったかなという印象です。

コメントを残す

sumasa

sumasa

パソコンと旅行が好きなのでモバイル機器が好きになりました。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。